スーパー海物語 IN 沖縄4 MTBZ・スペック

スーパー海物語 IN 沖縄4

『CRスーパー海物語 IN 沖縄4 MTBZ』は「スーパー海物語 IN 沖縄」シリーズのナンバリングタイトルで、第4弾になります。同じ時期にパチンコホールに導入された「CRスーパー海物語 IN 沖縄4 MTC」は海物語シリーズの専用枠であるマリンシェル枠を採用していますが、「CRスーパー海物語IN沖縄4 MTBZ」は旧型のイルミオ枠を流用しています。

特徴

  • 沖海シリーズではおなじみの役物であるハイビスカスフラッシュを搭載
  • イルミオ枠を流用

スペック・データ

導入日

2016年10月3日

スペック

スーパー海物語 IN 沖縄4 MTBZ 筐体
型式名 CRスーパー海物語 IN 沖縄4 MTBZ
大当たり確率(低確率時) 約1/319.6
大当たり確率(高確率時) 約1/35.9
賞球数 4(ヘソ)&2(電チュー)&12(大入賞口)&3(その他の入賞口)
出玉数 約1536個
カウント&ラウンド 2ラウンドまたは16ラウンド、8カウント
確変割合 60%
確変タイプ 次回まで
時短 通常大当たり終了後100回
16R確変 2R確変 通常大当たり
ヘソ入賞時 40% 20% 40%
電チュー入賞時 52% 8% 40%

図柄

図柄は従来の海物語シリーズから変更はありません。ただし、沖海4では従来の3つのモードから4つのモードに変更になったことで、新規で追加となったハイビスカスモード専用の図柄が存在します。このハイビスカスモード専用の図柄は他のモードの図柄とグラフィックは同じですが、図柄番号の背景がハイビスカスマークになっています。

確変図柄はタコ・カメ・エビ・ジュゴン・カニです。

確変図柄

通常図柄はハリセンボン・サメ・アンコウ・エンゼルフィッシュ・裏サメ(図柄番号が黄緑色)です。入賞時の抽選で確変図柄での大当たりが確定している時には、一旦、通常図柄で大当たりして昇格スクロールを挟んで確変図柄へ昇格することがあります。この時の法則は通常図柄の図柄番号に1を加えた図柄に昇格します。

通常図柄

ハイビスカスモードの図柄は図柄番号がハイビスカスマークになっています。

ハイビスカスモードの確変図柄
ハイビスカスモードの通常図柄

YouTubeで最高の海を配信中

『データ海物語 – 海の動画まとめ -』は海物語シリーズの動画チャンネルだ。パチンコホールで撮影した予告アクション・リーチアクション・プレミアムをデータベース的に配信。海MOVIEをご堪能あれ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − five =