「PAスーパー海物語 IN 地中海」レビュー

スーパー海物語 IN 地中海 10連荘

2020年3月2日から導入になった「PAスーパー海物語 IN 地中海」の初打ちレビューを紹介します

地中海チャンス継続率78%

地中海チャンス
スーパー海物語 IN 地中海 10連荘
今回の地中海は、遊パチ「海遊パチ史上最高の継続期待値」が一押しのポイントです。スペックを確認すると「地中海チャンス継続率が78%」ということになっています。つまり、78%は地中海チャンスにかかっていることです。大当たりしたときに必ずゲットできるST20回転中の継続率ではないということが重要です。

地中海チャンスをゲットする方法は、初当たりで運よく地中海チャンスを引くか、チャンス中に再度大当たりを引いて地中海チャンスを手に入れるかのどちらかになります。すべての大当たりで20回のSTをゲットできるため、地中海チャンスを引き当てることは容易であるという先入観がありますが、実際のところは意外に難しい印象です。背景が黄色でなかなか大当たりを引けないのは「スーパー海物語 IN JAPAN 金富士バージョン」を思い出してしまいます。台の調子が良ければ大爆発の可能性がありますが、悪いと全く盛り上がらずSTを消化してしまうことも少なくありません。ただし、どういう形でも地中海チャンスをゲットできればスペックの通りの継続率は体感できます。初打ち当日、9連と10連を達成。確かに、遊パチでこの連荘数がでるのはスペック通りです。

2020年版の演出について

演出の構成としては「旧演出+新演出+2010年以降の海物語シリーズの演出」という感じでしょうか。

「初代・スーパー海物語 IN 地中海(2009年導入)」ではサム系リーチの演出抽選率が非常に高かった印象があります。同機種で初搭載だった「突サムプレミアム」やその他のサム系リーチを数多くみることができました。また、サム系リーチで大当たりする確率が高いことを肯定するかのように、プレミアムソングの中にはサムが歌う楽曲もありました。

今回の2020年版においては、サム系リーチの演出抽選率は低いようです。導入から1週間未満ですが、いまだにサム系リーチは引き当てていません。初代から約10年の間に様々な演出が追加になっているので、それらすべてを組み込んでいるとすると、必然的にサム系リーチの抽選率が低くなっていてもおかしな話ではありません。

旧演出は、グラフィックを一新して搭載。新しく追加となった演出もいくつかあります。画面下の貝が徐々にステップアップ方式で大きくなっていったり、変動停止時に図柄が表情を変えるアクションが発生したりするなど面白さが増しています。個人的に印象に残ったのは擬似連の演出が追加されたことです。従来の機種では擬似連が発生すると画面を凝視していないとなかなかわからなかったり、見過ごしたりすることがありました。ところが今作では擬似連が発生した変動中に図柄の動きが強調されるようになりました。これまでマニアックな演出のひとつでしたがどんなプレーヤーにもわかりやすくマイナーチェンジされているところがとても海物語らしいです。

まとめ

遊パチ機であるため設置台数はミドルスペックよりも少なく、導入当初はなかなかプレーすることが難しいかもしれませんが、一度はプレーすることをおすすめします。台全体としてはスペックと演出が非常にコンパクトに恐縮された優秀な台です。

777タウン.net
ななぱち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × two =