沖海4のライター試打動画

スーパー海物語 IN 沖縄4 ライター試打動画

2016年8月25日、「スーパー海物語 IN 沖縄4」の発表に合わせて、三洋物産のオフィシャルホームページではおなじみのライター試打動画を公開しました。このライター試打動画は約34分に及びます。

近年の海物語シリーズのライター試打動画ではお馴染みのパチンコ攻略マガジンのドテチンさんがMCを担当しています。また、海大好きメンバーとしてライターのるるさん、7代目ミスマリンが登場しています。

海物語専用枠マリンシェル枠

まずは、「スーパー海物語 IN 沖縄4」のリリースに合わせて発表となった海物語専用枠のマリンシェル枠が紹介しています。筐体の上部にある海物語ヘッドランプ、筐体のサイドにあるマリンシルエットランプ、そして横スクロールを最大限に活かす15.6インチワイド液晶の映像が流れます。

ハイビスカスモード

従来の「海モード」「マリンモード」「沖縄モード」に新しく「ハイビスカスモード」が追加となり、合計で4つのモードになりました。これまではボタンを押すと「海モード」「マリンモード」「沖縄モード」そして「海モード」とループしていましたが、「ハイビスカスモード」は「沖縄モード」と「海モード」の間に追加となりました。ハイビスカスモードは画面に表示されているハイビスカスが光れば大当たりです。

マリンモード試打

マリンモードの試打中にチャンス目から加速前兆予告が発生、そして2回目のチャンス目、そこからウリン合流予告が発生し、美ら珊瑚礁リーチ発展します。同時にステップアップ予告も発生し、画面タッチで魚群が出現し確変図柄での大当たりとなります。確変中に、ウリンチャンスへの突入目が発生しウリンチャンスへ発展し、確変図柄での大当たり。沖海4からウリンチャンス発生時のウリンの登場シーンが多少変更になりました。まだまだ、大当たりは続き、確変中に発生したノーマルリーチからのピタ止まりでの大当たりとなります。

沖縄モード試打

変動中にチャンス目が続き、ミニキャラステップアップ予告でハズレと思いきやウリンが登場しスーパーリーチへ発展します。シーサーリーチに発展し、押しボタン演出では魚群が出現する激アツ。確変図柄での大当たりとなります。確変中はチャンス目が3回連続で続きマリンちゃんリーチへ発展、押しボタン演出では魚群が出現し、確変図柄での大当たりとなります。大当たりが続きウリンチャンスから確変図柄での大当たりとなります。

海モード試打

変動中にチャンス目が発生し、その後の変動でダブルリーチ成立時に魚群が出現します。近年の海物語シリーズ同様に、海モードでチャンス目が発生するとスーパーリーチ発展が濃厚のようです。この時、通常図柄で大当たりしましたが、大当たりラウンド中に画面が暗転して画面にはパールボタンが表示。パールボタンを押すとハイビスカスフラッシュが発生し確変大当たりへ昇格します。確変中はシングルリーチがかかり、同時に魚群予告が発生し確変図柄での大当たりとなります。大当たりは続き、確変中にノーマルリーチからピタ止まりで確変図柄での大当たりとなります。

ハイビスカスモード試打

変動中に背景ハイビスカス予告が発生し、図柄がチャンス目で停止します。次の変動で背景が夜になりダブルリーチが成立し、ハイビスカススペシャルリーチ発展します。ハイビスカススペシャルリーチ中に画面にパールボタンが表示され、ボタンをプッシュするとハイビスカスフラッシュが発生し、従来のスペシャル魚群タイムで出現したスペシャル魚群が出現し、大当たり。ハイビスカスモードで背景が夜風景に変わった時に表示されている月の形は期待度を示唆しています。ハイビスカスモードの確変中の特徴としては、確変の変動中はハイビスカスが閉じていることが多いですが、開いた時に図柄が揃えば、確変図柄での大当たりとなります。リーチ連続予告などからスーパーリーチへ発展するときに、いつもよりもリーチという掛け声が遅れて聞こえたら期待度は高いです。

沖海ボーナスも搭載

通常変動、確変中、時短中に画面の中央列に図柄が341の順番に並び、沖海チャンスへ突入した直後にハイビスカスフラッシュが発生すれば沖海ボーナスとなります。

ライター試打動画まとめ

今回のライター試打動画では筐体の特徴や各モードの代表的な予告アクションやリーチアクションを紹介しています。沖海4は2016年10月3日に導入予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen − sixteen =