沖海4のプロモーションビデオ解説

沖海4

2016年8月25日、「スーパー海物語 IN 沖縄」シリーズの第4弾「スーパー海物語 IN 沖縄4」のプロモーションビデオの動画がユーチューブで公開になりました。

プロモーションビデオのプロローグでは沖海4に至る各沖海シリーズの位置づけを明確にしています。「スーパー海物語 IN 沖縄」は原点、「スーパー海物語 IN 沖縄2」は進化、「スーパー海物語IN沖縄3」は躍進、「スーパー海物語 IN 沖縄4」は究極の完成と例えています。

海史上最大の演出ボリューム

プロモーションビデオの冒頭で従来の3つのモードの映像が流れますが、これまでには見たことがない予告アクションやリーチアクションが収録されています。また、今回、新たに4つ目のモードとして追加となったハイビスカスモードの映像も流れます。沖海シリーズではハイビスカスといえば、背景変化予告のプレミアムステージであったり、スペシャル魚群タイムの背景であったりが記憶に残っていますが、今回は独立したモードとして存在しています。

海物語シリーズ専用枠マリンシェル

沖海4のリリースに合わせて海物語シリーズ専用のパチンコ台枠が登場します。マリンシェル枠です。筐体の上部には海物語ヘッドランプ、サイドにはマリンちゃんのシルエットでもあるマリンシルエットランプ、そしてこれまでは「ボタン」または「チャンスボタン」と呼ばれていたボタンが物語シリーズ初の可動式ボタンとなり、パールボタンと名づけられました。

スペックは大当たり確率約1/319

スペックは海物語シリーズの王道であるミドルスペックです。そして電チュー入賞時の16ラウンド大当たりの確率が高く設定されています。

海物語シリーズ初の15.6インチワイド液晶

従来の海物語シリーズよりも横画面がワイドになり、例えば、魚群予告で魚群がより長く綺麗に流れる映像が楽しめるようになりました。この15.6インチワイド液晶のデモンストレーションでは「マリンちゃんリーチ」「黒潮リーチ」「ウリン合流予告」「美ら珊瑚礁リーチ」「加速前兆予告の赤エフェクト」の映像が流れます。

新搭載ハイビスカスモード

ハイビスカスのギミックが面白いモードです。プロモーションビデオではハイビスカスが点滅すると大当たりとなる映像やリーチが成立した後にリーチの掛け声が遅れて発生する映像が収録されています。

「スーパー海物語 IN 沖縄4」のパチンコホールへの導入日は2016年10月3日予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ten − 10 =