大海4のチャンス目多発に注目

【CR大海物語4_68】ぶるぶるはずれて『サム降臨』クジラッキーも乱入 プレミア 実践142

今回はパチンコ馬鹿一代さんがYouTubeにアップロードしている大海物語4の動画を紹介します。

動画のタイトルは「【CR大海物語4_68】ぶるぶるはずれて『サム降臨』クジラッキーも乱入 プレミア 実践142」です。大海物語4ではサム系リーチの抽選率が低く設定されているようです。私も実践ではほとんどサムを見たことがありません。今回の動画ではどのサム系リーチが発生するか非常に楽しみです。

配信元 パチンコ馬鹿一代さん
チャンネル登録 https://www.youtube.com/channel/UCGlF8kitup2H96dubXj2MNA

動画解説

プレーステージはラグーンステージです。保留満タンでウリンチェックが発生します。チャンス目が発生し、2回目が無音です。ぶるぶるチェンジが発生します。魚群出現から珊瑚礁リーチ発展で、パールフラッシュのショートが鳴っているので大当たり確定です。図柄が揃った直後、裏ボタンを使用してパールフラッシュロングとミスマリンのカットインが出現して15ラウンド大当たりです。

チャンス目多発は好ゲーム

確変中、泡予告からマリンちゃんリーチに発展して確変図柄で大当たりします。こういう大当たりは棚ぼたです。続いて、マリンちゃんリーチです。リーチ中、パールフラッシュが発動して、再始動発動で確変です。確変中、チャンス目が連続。3回連続してから泡予告が発生です。マリンちゃんリーチに発展し、チャンスボタンを押すと図柄が炎目になっています。大当たり期待度は高いですが、ここでははずれます。アンコウのシングルリーチからぶるぶるチェンジ発生でジュゴンに変化します。ぶるぶるチェンジの中で最も大当たり期待度が高い演出です。ただし、鉄板ではないのではずれることもありますが、今回は無事大当たりです。サメとエビのダブルリーチからマリンちゃんリーチに発展して、タッチアクションで期待度をチェックしますが、チャンスアップではありません。やはり、サメの通常大当たりです。

時短中、チャンス目が発生します。今回のプレーではチャンス目の発生が多いですね。期待が持てるゲームです。チャンス目が2回連続したところでぶるぶるチェンジ発生から魚群出現で、サメのシングルリーチで珊瑚礁リーチに発展。残念ながらここははずれです。ここで最初のゲームが終了です。

時短終了後、サメのシングルリーチからぶるぶるチェンジ発生で黒潮リーチに発展し大当たりですが、ここは単発で終了です。ハマらないことが重要です。

サムだけどサム系リーチではない

サム

その後、動画では約600回転以上回しますが当たりが引けません。667回転のところでぶるぶるチャンスの出目が成立しました。残念ながらはずれのように見えましたが、サムが登場して確変ゲットです。動画ではこのことを「サム降臨」と言っていますが、ぶるぶるチャンスのサム登場はサム系リーチではありません。通常の大当たりラウンドでサムが登場しないことがその証です。

確変突入後、エンゼルフィッシュのシングルリーチから珊瑚礁リーチに発展し、通常大当たりのまま時短突入です。時短中、また、チャンス目が発生します。3回連続で発生し、4回目でアンコウのシングルリーチで魚群が出現します。黒潮リーチに発展し、ここは大当たりを引くことができました。さらに、次の時短でもぶるぶるチェンジからマリンちゃんリーチに発展し通常大当たりです。時短中、珍しい「クジラッキー泡」が発生します。2R確変か確変大当たりどちらかです。ここでは2R確変を引いて、大海チャンス突入です。

泡の中にクジラッキー

泡系予告『泡の中にクジラッキー』

確変中、エンゼルフィッシュとカニのダブルリーチが成立。エンゼルフィッシュで大当たりとなり、ラウンド終了後のエンディングで昇格します。次の確変中、ぶるぶるチャンス出目停止からぶるぶるチャンスに発展します。ここでも大当たりを引き当てます。絶好調です。確変中、エビとアンコウのダブルリーチから泡予告発生です。マリンちゃんリーチに発展しここは残念ながらアンコウでの大当たりです。それでも7連荘ですから、ナイスゲームです。時短中、サメとエビのダブルリーチから魚群出現でマリンちゃんリーチに発展。チャンスボタン押しで図柄が炎目になっていますのでチャンスです。ここでもサメ図柄で大当たりとなりますが、時短中の引き戻しはありませんでした。結局8連荘で終了ですが、素晴らしいゲームでした。

タイトルに「サム降臨」とありましたが、実際にはサム系リーチはありません。ぶるぶるチャンスでのサム登場は単なる逆転演出でしかありませんのでそこは残念です。やはりサム系リーチの演出抽選率は低いという体感値は正しいようです。ただ、ラグーンステージでチャンス目がとても多く発生して、大半が大当たりに結びついていたのは好調台の典型的なパターンのひとつです。是非、プレーの参考にして下さい。馬鹿一代さんナイスゲームでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × 1 =