CRギンギラパラダイス2MKF・スペック

ギンギラパラダイス2
777タウン.net/777townSP

CRギンギラパラダイス2MKFのスペックをまとめました。「ギンギラパラダイス2」は1995年の初代ギンギラパラダイスの後継機です。海物語シリーズのマスコットキャラクター・クジラッキーを台枠のデザインに活かしたり、デバイス活用演出としてボタン硬化機能を搭載したり、当時の演出の再現に加えて新しい要素をたくさん搭載しています。

特徴

同機種の特徴は次の通りです。

  • 高速ミドルスペック
  • 「海フレンズ」第1弾
  • 専用新枠・クジラッキー枠
  • ギンギラモード搭載
  • 多数の新演出搭載

高速ミドルスペック

海物語シリーズでは珍しく大当たりラウンド中は全て右打ちとなります。大当たりラウンドを高速で消化することから「高速ミドルスペック」というキャッチフレーズが付けられています。

「海フレンズ」第1弾

海フレンズ

海物語の兄弟機種を総称する新シリーズ「海フレンズ」が誕生。高速ミドルスペックの 「CR ギンギラパラダイス2」はその第1弾となります。海物語とは一味違う特徴を搭載した機種に注目が集まるはずです。

専用新枠「クジラッキー枠」

浮き輪をモチーフにした新枠が美しく輝く。海物語シリーズ・海フレンズ専用のクジラッキー枠も同時デビューとなっています。抜群の存在感と最旬の演出が楽しめます。役物としてはギンギラリングを搭載。一発告知演出「リングフラッシュ」はギンギラリングが激しく輝きます。

役物・ギンギラリング

ギンギラパラダイス2 ギンギラリング

告知音とともにリングが大回転する仕組みです。主に、一発告知演出リングフラッシュで発動します。

波ステージが復活

液晶画面の下にあるステージは、玉の挙動にドキドキする海波が採用されています。海波は初代ギンギラパラダイスを彷彿。

巨大クジラッキーハンドル

ギンギラパラダイス2 クジラッキーハンドル

ハンドル部分にはクジラッキーを模ったものになっています。クジラッキーの目にあたる部分はドットランプになっており、プレー中の演出や大当たりラウンド中は期待度を示唆する仕組みになっています。

ギンギラモード搭載

ギンパラ2の確変がギンギラモードにあたります。低確率時からギンギラモードに突入する確率は50%。勝利するためにはギンギラモード継続がカギになります。基本的に奇数図柄で大当たりした場合にはギンギラモードに突入しますが、偶数図柄で大当たりした時にもギンギラチャンスやエンディングチャンスからギンギラモードに昇格することあります。

スペック・データ

ギンギラパラダイス2 筐体

導入日、スペックは次の通りです。

導入日

2010年8月2日

スペック

大当たり確率や出玉数は次の通りです。

型式名 CRギンギラパラダイス2MKF
大当たり確率(低確率時) 1/221.5
大当たり確率(高確率時)
賞球数 3&3&10&10
カウント&ラウンド 10カウント、15or16(実質15R)
ST突入率
ST回数
時短性能 大当たり後0or100回(ギンギラモード)

図柄

海物語シリーズのおなじみの図柄が登場します。大海物語やスーパー海物語IN沖縄のシリーズではなじみのないカサゴが登場します。

ギンギラパラダイス2オフィシャルガイドブック